FC2ブログ

富さんの社労士業務

社会保険労務士として身近な話題や役立つ情報を発信します。

忙しいよ!働き方改革

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
社会保険労務士(社労士)の業界は働き方改革で大忙し!研修のほとんどが働き方改革です。必要に迫られてまたまた本を買いました。かつては副業・兼業はダメな会社がほとんどでしたが、今回の働き方改革では柔軟な働き方として副業・兼業を推進すると言っています。世の中どんどん変わっています。
2019_0313_070823-DSCN0044.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/03/13(水) 07:31:27|
  2. 社労士業務

一人社長か、それとも・・・

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
社会保険労務士(社労士)の世界、それは多くが一人社長だということ。社労士だけでなく税理士も一人社長が多い。従業員ゼロ、いても週2~3日勤務のパート、あるいは夫婦でやっている。最近、「会社は一人で経営しなさい」という本を買いました。本によると、「大企業だから安心」はもう通用しない。拡大経営はこの先もう必要なく、一人で得意で好きなことをやっていくのが重要だとか。得意で好きなことをコツコツ継続して行く、これが成功の近道なんだそうです。一人社長で進むか?従業員を雇用し規模の拡大をめざすか?社労士もいろいろです。私は、今年4月で開業7年目。従業員を採用し組織を運営して行くのが経営者、その経営者の気持ちに寄り添い支えるのが社労士なら、私は、従業員を雇用し経営者の感覚を知ることは重要だと考えています。
DSCN0041.jpg
  1. 2019/03/11(月) 22:37:58|
  2. 社労士業務

法律改正で残業が厳しく

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
時間外労働(残業)の上限は原則月45時間、年360時間。これは変更なし。繁忙期など年6カ月までは基準を超えて労働が可能でしたが、上限が決められました。今まで青天井だった働き方に規制が加わったということ。最大月100時間、年720時間、6カ月まで月ごとの平均が80時間を超えないなどの細かい条件が追加。繁忙期など月々の残業と休日勤務を加えて月最大100時間、年間720時間を超えないこと。そして、休日勤務は含めないで、月80時間以内で納める。人事担当者は、毎月80時間以内で納まっているかどうかのチェックは必要。残業が毎月10、20時間程度の職場は関係なし、心配なし。
DSCN0033.jpg
  1. 2019/03/08(金) 11:35:21|
  2. 社労士業務

有給休暇の義務化

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
2018年度も3月で終わり、あちこちで卒業式です。ところで、今年2019年4月1日から、5日間の有給休暇取得が義務化、ご存知ですか? これまで、有休について義務はありませんでした。4月からは労働基準法改正により、10日間有休があるが取得していない社員に対し、希望を聞いて確実に取得させる必要があります。それでも希望がない場合には、会社側から次期を指定して取得させることになります。取得させなかった企業には労基法違反として、30万円以下の罰金も課せられます。
  1. 2019/03/06(水) 11:19:33|
  2. 社労士業務

倫理研修

社会保険労務士の富所正史です。
東京都杉並区にある杉並公会堂で、「社労士に求められる職業倫理」の研修に参加。「社会保険労務士は、常に品位を保持し、公正な立場で、誠実にその業務を行わなければならない」「社会保険労務士は、社会保険労務士の信用、又は品位を害するような行為をしてはならない」社会的に信用された「社会保険労務士」という国家資格を有する者が、高い職業倫理のもとに業務にあたることの重要性を再確認した貴重な研修でした。

倫理
  1. 2019/02/02(土) 10:21:22|
  2. 社労士業務

こんな本も読みました

社会保険労務士の富所正史です。
この1カ月に読んだ本です。11月6日に大学生対象のキャリア教育の講義を担当。大学生相手の講義は初めて、少しでもまともな講義ができるようにと思わずこんな本を購入し読みました。とても役立ちました。「経験から得た気づきや教訓は、多くの人の学びに役立ち、多くの人に勇気を与えます。勇気を出して、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の心で感じた生の体験を話して下さい。」(人を動かす スピーチの法則)この言葉に勇気をもらい、最善の準備をして講義に臨みました。
DSCN0012.jpg
  1. 2018/11/23(金) 09:57:09|
  2. 社労士業務

大学で講義

社会保険労務士の富所正史です。
11月6日、千葉県印西市にある東京基督教大学でキャリア教育の講義を担当。社会保険労務士を職業にしている私の体験を通し、働くこと、給与をもらうことなど、労働基準法を中心に話しました。とても良い経験になりました。
大学講義風景
  1. 2018/11/07(水) 12:10:38|
  2. 社労士業務