FC2ブログ

富さんの社労士業務

社会保険労務士として身近な話題や役立つ情報を発信します。

3月下旬でも雪の新潟県

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
3月24日、25日と郷里の新潟県南魚沼市六日町に行ってきました。関越自動車道は冬用タイヤ装着。3月下旬、まだスキーできます。スキー合宿の高校生が目立ちました。六日町スキー場の景観は評判です。雪と着物とコシヒカリ、そして、銘酒八海山と六日町温泉。是非、一度おいで下さい。
ski_pic_r0039[1]
スポンサーサイト



  1. 2019/03/27(水) 07:13:05|
  2. 日々の生活

忙しいよ!働き方改革

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
社会保険労務士(社労士)の業界は働き方改革で大忙し!研修のほとんどが働き方改革です。必要に迫られてまたまた本を買いました。かつては副業・兼業はダメな会社がほとんどでしたが、今回の働き方改革では柔軟な働き方として副業・兼業を推進すると言っています。世の中どんどん変わっています。
2019_0313_070823-DSCN0044.jpg
  1. 2019/03/13(水) 07:31:27|
  2. 社労士業務

一人社長か、それとも・・・

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
社会保険労務士(社労士)の世界、それは多くが一人社長だということ。社労士だけでなく税理士も一人社長が多い。従業員ゼロ、いても週2~3日勤務のパート、あるいは夫婦でやっている。最近、「会社は一人で経営しなさい」という本を買いました。本によると、「大企業だから安心」はもう通用しない。拡大経営はこの先もう必要なく、一人で得意で好きなことをやっていくのが重要だとか。得意で好きなことをコツコツ継続して行く、これが成功の近道なんだそうです。一人社長で進むか?従業員を雇用し規模の拡大をめざすか?社労士もいろいろです。私は、今年4月で開業7年目。従業員を採用し組織を運営して行くのが経営者、その経営者の気持ちに寄り添い支えるのが社労士なら、私は、従業員を雇用し経営者の感覚を知ることは重要だと考えています。
DSCN0041.jpg
  1. 2019/03/11(月) 22:37:58|
  2. 社労士業務

法律改正で残業が厳しく

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
時間外労働(残業)の上限は原則月45時間、年360時間。これは変更なし。繁忙期など年6カ月までは基準を超えて労働が可能でしたが、上限が決められました。今まで青天井だった働き方に規制が加わったということ。最大月100時間、年720時間、6カ月まで月ごとの平均が80時間を超えないなどの細かい条件が追加。繁忙期など月々の残業と休日勤務を加えて月最大100時間、年間720時間を超えないこと。そして、休日勤務は含めないで、月80時間以内で納める。人事担当者は、毎月80時間以内で納まっているかどうかのチェックは必要。残業が毎月10、20時間程度の職場は関係なし、心配なし。
DSCN0033.jpg
  1. 2019/03/08(金) 11:35:21|
  2. 社労士業務

有給休暇の義務化

社会保険労務士アスリート事務所の富所正史です。
2018年度も3月で終わり、あちこちで卒業式です。ところで、今年2019年4月1日から、5日間の有給休暇取得が義務化、ご存知ですか? これまで、有休について義務はありませんでした。4月からは労働基準法改正により、10日間有休があるが取得していない社員に対し、希望を聞いて確実に取得させる必要があります。それでも希望がない場合には、会社側から次期を指定して取得させることになります。取得させなかった企業には労基法違反として、30万円以下の罰金も課せられます。
  1. 2019/03/06(水) 11:19:33|
  2. 社労士業務